物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック!

SITE NAVI
記事を検索
Web サイト内

賃貸マンションでもドッグライフ

住まいの中でも、賃貸マンションは、すでにお馴染みのものでしょう。
日本では、古くからあったとはいえ、本格的に一般に浸透したのは、高度成長期あたりからでしょう。
当時では、団地族という言葉も生まれ、いわば、集合住宅がモダンを象徴するようなものでした。
高度成長が進むにつれ、団地の建物も、より洗練され、今では高層型マンションやデザイナーズマンションなど、個性的なものが出てきたことも確かです。
デザイナーズマンションは、建築家のコンセプトを重視したものであり、住まいの空間でありながらも、楽しさなども加味したものでしょう。
もちろん、いずれも賃貸マンションとして、提供されています。
そんな賃貸マンションの中でも、今ではペットを飼うことができるようになっています。
もっとも、すべての物件ではないですが、それでも、かつてのような限定されたものではなく、より物件数が多くなっています。
今では、新築物件であっても、ペットを飼うことができ、時代の流れを象徴しているようです。
特に、犬に関しては馴染みがあるため、多くの人が賃貸マンションで飼っています。
これは、賃貸ばかりでなく、分譲についても当てはまることのようです。
きっかけは、ペットブームのようで、とりわけ、21世紀になり、ブームが訪れたようです。
すでに定着している感もありますが、これは少子高齢化が大きな要因であるとの指摘もあります。
子供の代わりに犬を飼う人も多くなったようで、もしかしたら、犬の数の方が子供の数より多いのかもしれません。
いずれにせよ、ブームが呼び込んだ面があるとはいえ、犬を賃貸マンションで飼えることは、大きな変化です。
正確に言えば、間口が大きくなったとも言えます。
ペットをマンションで飼うのであれば、高級タイプか築年数の経ったものでした。
一般の人は、まず飼うことができない時代が続き、だからこそ、画期的でしょう。

しかし、マンションで犬を飼うことは、賃貸に関わらず、気をつけるべき点があります。
契約時でも、契約後でも、念頭にすべきことがあるのは、言うまでもないでしょう。
このサイトでは、こんな賃貸マンションで犬を飼うことにスポットを当てています。
なお、国土交通省のホームページでは、賃貸住宅管理業者登録制度について、解説してます。
賃貸マンションであれば、不動産管理会社がつきものです。
一度目を通し、公的機関の見解などを知っておくことも、大事なことでしょう。

Copyright 2017 物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック! All Rights Reserved.