物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック!

SITE NAVI
記事を検索
Web サイト内

規約を確認する

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約自由の原則については、このサイトでもすでに述べました。
民法の基本事項ともいえ、これがあるからこそ、市場経済で自由な取引ができるともいえます。
日本の経済活動の礎でもあるでしょう。
もちろん、賃貸マンションも、契約に基づきますが、犬を飼うのであれば、別途誓約書を交わすこともあります。
これは、一緒に暮らす犬についての規約でもあり、犬を巡る具体的な契約にもなるようです。
たとえば、誓約書には、一緒に暮らす犬の種類を記述します。
たとえば、柴犬であれば、その旨を記載します。
あるいは、ダックスフントやチワワなどを盛り込みます。
仮に、小型犬のみと決まっている賃貸マンションであれば、それに沿った犬であることが望まれます。
犬の場合、種類によって、サイズも異なります。
そのため、犬種を申請することで、賃貸マンションの規定にも従うことになります。

しかし、微妙な犬種があることも確かです。
たとえば、先の柴犬は、メスであれば、小型犬相当のものもいます。
一般的には、日本犬は中型犬とされるため、小型犬しか飼えない賃貸マンションでは、不可と考えられます。

しかし、実際のサイズで、小型犬相当のものがいる以上、それを相談することが重要でしょう。
結局、オーナー次第であるため、オーナーの許可がなければ、許されないことは、肝に銘じておくべきでしょう。
また、犬の年齢も申請します。
概ね犬は、1歳年を取ると、人の5年に相当します。
したがって、成長スピードも速いため、老齢犬と見なされるケースもあります。
中には、あまりにも年を取っている犬であれば、許可されないこともあるかもしれません。
これもまた、注意すべきでしょう。
また、誓約書には、犬に関する処理なども、記載されています。
たとえば、毛の処理を上げることができます。
犬のシャンプーなどをすることで、毛が出てしまい、それをそのまま排出口に流してしまうことは、つまりの原因となります。
賃貸マンションでも、配管は共有部分であり、他の人と共同で使用する形となっています。
詰まってしまえば、他人にも迷惑を掛けるため、それについては、飼い主がしっかり処理することとなっています。
さらに、糞の処理も重要なことでしょう。
共有部分に糞を残すことは、他人へ不快感をもたらすことと同時に、衛生面にも問題があります。
これもまた、責任を持つべきことでしょう。
なお、犬を飼う頭数も決められている場合が多いです。
誓約書に記載するようになり、仮に頭数が増えれば、契約解除になる可能性もあります。
今一番の情報、このサイトをチェック

Copyright 2017 物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック! All Rights Reserved.