物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック!

SITE NAVI
記事を検索
Web サイト内

黙って飼ってしまったら

このエントリーをはてなブックマークに追加
犬を飼うのであれば、ペット可の賃貸マンションなどを見つける必要があります。
今では、以前とは異なり、かなりの数の物件数があります。

しかし、そうであっても、ペットを飼うことが禁止されているところがあります。
結局、賃貸マンションの場合、オーナーの意向によって、ペットを飼えるか否かが決まります。
したがって、オーナーが嫌がるようであれば、ペットを認めないようになっています。
もっとも、高級マンションでは、以前からペットを飼えることが自由であり、高級ならではのことのようです。
グレードが高いと、こういう条件面でも異なるのでしょう。
ともあれ、今でもペットを飼えない賃貸マンションがありますが、そういうところで黙って犬を飼った場合、どうなるのでしょうか?
まず、犬を手放すことが求められるでしょう。
これは、以前から行われていることでもあり、最初に取られる措置でもあるようです。
オーナーと言っても、折角住んでもらった人に、そのまま居続けてもらう方が、収益のためにもなるでしょう。
したがって、基本的には、犬を手放してもらうことで、契約を続けるかと思います。

しかし、厳しいオーナーであれば、見つけた時点で、強制退去を告げることもあるかもしれません。
あるいは、黙って飼っている場合でも、近隣住民より通知され、判明してしまうこともあります。
また、室内で犬を飼うということであれば、犬用グッズなども必要です。
中には、ペットシーツのように、消費財もあり、ゴミとして定期的に出さなければいけないものがあります。
このため、ゴミによって、犬を飼っていると判明してしまうこともあります。
あるいは、犬であれば、鳴き声で分かってしまいます。
犬が飼えない賃貸マンションであるのに、犬の鳴き声がすれば、近隣住民が不審がるのは、当然でしょう。
したがって、それで判明してしまいます。
判明すれば、禁止されていることを行っているため、オーナーから注意されることは当然です。
賃貸が契約で成り立っていることは、このサイトでもお話しましたが、契約違反であるため、オーナーとしても、強い態度を示すことができます。
そのため、強制退去をしてもやむを得ないでしょう。
けれども、中には、ペットブームに乗じて、黙って飼ってしまい、そのまま認められたケースもあります。
個別でなく、ペットが飼えるマンションとして、入居者募集がなされるようになったところもあります。
そうは言っても、こういう事例がすべてではないため、ペットを飼えない賃貸マンションであれば、犬を飼うべきでないのは、言うまでもないことでしょう。

Copyright 2017 物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック! All Rights Reserved.