物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック!

SITE NAVI
記事を検索
Web サイト内

賃貸住宅の部屋に傷をつけないように、私が気をつけたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
私は賃貸住宅で、一人暮らしをしていた経験があります。一般的に、賃貸住宅に入居するときは、敷金、礼金などのまとまったお金を払う必要があります。私も敷金、礼金を支払うときに、不動産会社の方から説明を受けあたのですが、賃貸住宅を出るときに、日常生活による、床や壁の傷などを退居前の点検の時にチェックして、補修が必要な時に、入居の時に支払った保証金から差し引くことがあると説明を受けました。お部屋に傷をつけずに、丁寧に扱うことができれば、入居した時に支払った保証金などのお金が必要な補修費用を差し引かれることなく、返ってくるので、私は、入居した時から、お部屋を傷つけないように大切に暮らすことにしました。
賃貸住宅に住み始めて、まず、私が気をつけたのが、床に傷をつけないことです。床は、モノを引きずったりすると、意外と簡単に傷がついてしまいます。そこで、私は、テーブルを置く前に、じゅうたんを購入してきて、床を保護したり、ベッドの足の部分に、足の底に床を傷つけないためのクッションを取り付けました。また、壁の傷にも注意しながら、家具を壁にくっつけないようにしたり、壁にもたれかかったりしないように気をつけて生活しました。そして、住み慣れた賃貸住宅からの引越しを決めた時に、私は、不動産会社さんに退居前のお部屋の点検をしてもらいました。目立った傷も見当たらずに、きれいに使っていたことを証明でき、結果、保証金がしっかりと返ってきたので、とても嬉しかったです。皆さんもぜひ、賃貸住宅を出るときのことも考えて、お部屋に傷をつけない生活を心がけてみてください!

Copyright 2017 物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック! All Rights Reserved.