物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック!

SITE NAVI
記事を検索
Web サイト内

賃貸物件の傷は写真に撮っておきましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸アパートやマンションを借りるときに注意をしたほうがいいことがあります。新築なら問題はありません。以前にほかに住んでいた人のある物件は特に注意です。賃貸契約を済ませ、引っ越しを完了する前に必ずしたほうがいいのが、建物の中の傷を写真におさめておくことです。床や、壁に傷がついているかよく確かめましょう。もしついていたらその場所を写真に撮っておきましょう。その場合は、日付を必ず入れなければなりません。なぜかというと、アパートを退去するときにその傷があなたが付けた傷といわれた時の場合の証拠になるからです。そのような場合にその写真を撮っておけば、もともとついていた傷だということができます。
実際、写真を撮っておかなくてのちに管理会社から修理代を請求されたこともあるそうです。そのようなことにならないように気持ちよく、退去ができるようにあらかじめ手を打っておくのです。あとは、借り物だということをよく覚えておいて大事に使用しましょう。壁に穴をあけたりするのも要注意です。あとはポスターなどの粘着テープなども気を付けましょう。できるだけ、退去時に支払わなくて済むように、敷金の中で済むようにできるようにしましょう。賃貸は、大家さんがいます。大家さんの持ち物を借りて住まわせてもらっていると思い、大事に使いましょう。そうすれば、退去するときにはきれいなままで返すことができるでしょう。大家さんにとっても、あなたにとってもいいこと間違いなしです。
今一番の情報、このサイトをチェック

Copyright 2017 物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック! All Rights Reserved.