物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック!

SITE NAVI
記事を検索
Web サイト内

不要品の整理と賃貸の住居の傷

このエントリーをはてなブックマークに追加
住居というのは、設備が故障したり老朽化したりといった事態が宿命的についてまわる。それはそうだ、少なく見積もっても一日のうち3分の1くらいは最低でも家で過ごすわけだから、時間が経過するにつれ確実にどこかが傷んでくる。ただ、その中でも住居についてしまう傷となると、話は少し違ってくる。不可抗力でついてしまうしまう傷というのももちろんあるけれども、多くの場合はちょっとした不注意や配慮の不足に原因がある。いかにも不安定なところに重い物をのせたりとか、ついつい粗雑に開け閉めをしたりといったといった「気の緩み」が生じたときに、住居を傷つけてしまうことが多い。
住居に傷をつけるのを防ぐにはどうしたらよいだろうか。これは当たり前だけれども、普段から「注意をしなくて済むよう」「配慮をしなくて済むよう」に家の状態をなるべく保っておくより他にない。このためには、とにかく少しでも不要な物はどんどん捨てるようにし、なるべく家の中を本来の箱の状態に近づけておく努力を続けることである。それができれば苦労しないよ、という声が聞こえてきそうであるが、ひとつコツがある。自分のものを自分で整理しようするからなかなか進まないのであって、奥さんや子供など、誰か他の人にやってもらえばよいのである。その代わり、自分は他の家族の所有物の整理を担当するようにする。他人の物に対しては、思い入れだとか「買った時は高かったんだよな」だとかの感情を持たなくて済むので、余計なバイアスがかからず、大胆に取捨選択ができる。
この手法の難しいところは、そういうルールでいくという合意を家族の間で取り付け運用にのせるとろまでなのであるが、一度大胆ににやってしまえば案外難しい話ではない。家がスッキリしていくというのは基本的に心地良いものなので、効果を実感しやすいのだ。まあたまにごちゃごちゃした状態の方が落ち着くという人もいるけれども…とにかく住居というのはなるべく傷はつかないことに越したことはない。賃貸の場合など、びっくりするくらい補修費用をとられることもある。普段から少しだけ整理整頓すればいたずらに無駄なお金を払う必要はなくなるのだから。
今一番の情報、このサイトをチェック

Copyright 2017 物件探しの成否の分かれ目?下見の時はこれをチェック! All Rights Reserved.